2021年05月15日

UVライトの印刷結果

通院5ヶ月目の栄養指導が終わりました。
やっと来月で糖尿病に関する指導も終わります。今回の通院でかなり勉強に
なったんだけど、やっぱり健康が丸儲けですね。時間も金もとられてしまう
ので、未然に防ぐべきだと感じました。

今、通院してるところは完全予約制です。

予約時間に電話するところから始まるわけですが、例によってつながらない。
何度もかけ直してるうちに、30分近くたってることもある。
この30分でいろいろできんのに・・。
そして、診察で待たされ会計で待たされってかんじで時間を浪費。
そこまでしたうえに、金払って帰ってくるわけですよ。

本当につまらない浪費。
自分が悪いんだけだけど、その結果が大切な時間を使ってしまってるわけです。
ほんと、普段から体は気をつけたいですね。・・このようなことになる前に。

ちなみに、今回も特に問題がなかったので良かったです。
今後も精進しますよ。何より、自分のために。


前回、ネイル用のUVライトで露光した版。やっと使ってみました。

IMG_7034.JPG

どうかなぁ?と思ってたわけですが、思ったより良かったです。(紙にテスト印刷)
ところどころに不具合も感じられますが、おそらくは製版より印刷の問題だと
思います。

正直ね、専用の露光機と遜色ない露光結果だったわけですよ。

スクリーン印刷は、難しいようで簡単だったり、
簡単そうで難しかったり。

そんなところもDIYの楽しみだったりするわけですが、ちゃんと作ればちゃんと
結果で現れてくれます。このレベルであれば、一般的な印刷結果としては
十分に満足できるんじゃないでしょうか?

IMG_7036.JPG

挑戦してくれる人がもっと増えてくれるといいなぁ。


スクリーン張り替えもできる、やりたいこといっぱいな店主が運営する資材専門店
Queue
https://specialqueue.stores.jp
印刷だけしたい方は
https://minne.com/@diy-print


posted by 柴 at 19:06| Comment(0) | 製版

2021年05月13日

ハードルはどんどん下がる

なんか来週くらいから関東も梅雨入りしそうなかんじですね。

そんな中、盛り上がらない東京五輪。
NHKではそこそこ現状をニュースにしていますが、これ本当にやるつもり
なんかなぁ?普通に考えればリスクをとってやらないが正解なんだと思う
のだけれど。

そのへんは金がからむ問題なわけで、開催リスクとはあまり関係ないとは
思います。世の中そんなもんでしょう。
おそらくは「やる方向」で進むと思います。スポンサーや国が投資したぶん、
少しでも回収させてもらわないと困るわけですよ。そのへんはコロナリスクと
関係なくやらざるを得ないかんじがします。

ただ、直前に「やっぱやらない」って可能性もあるんですよね。
一応はやるスタンスを示しつつ、中止とか。なんかありがち。
このへんで現政権の能力が分かる気がしますね。

いずれにせよ、いろいろな思惑が交錯してのオリンピック。
そんなこと考えてみるのも頭の体操になるかもしれません。


ネイル用のUVライト露光。さっそくやってみました。

IMG_7011.JPG

光源が上から照射されるように内部を遮蔽したうえで、いきなりアミ点版です。
ベタ柄なんて評価にならん。

IMG_7028.JPG

なんかもう、ガッカリするくらい普通に露光できました。
完璧と言えないまでも、けっこう満足できる精度であります。
太陽光より、たかだか3000円前後出費してUVライトを買ったほうが
はるかに安定した露光ができると確信しましたよ。ふぅ。
高価な機械を買わなくても、ハードルが下がる時代になりました。

このUVライトでいいところは、

・天候や露光する時間帯や季節で左右されない
・光源(LED)が固定なので、版と光源の距離が一定
・機械なので光量がほぼ安定

という一般的な露光機と同じ条件で露光できるわけです。
欠点で言えば、

・露光範囲(光があてられる範囲)が狭い
・一定時間で照射が止まっちゃう
・フイルムとの密着性がかせげない

紫外線があたってない箇所は別途露光する必要があるし、90秒くらいで
自動で照射が止まっていまうので、その都度ボタンを押して回数を
メモしないと忘れます。

まぁ、そのへんを差し引いても十分にこれで露光ができました。
版を確認した限り、そこそこのアミ点も再現できそうです。

正直、オススメです。

乳剤は是非、Queueのやつを使ってください。(笑)

------------

「冴えない彼女の育てかた Fine」が公開されてました。
なんかもう、ちょっとだけ。ほんとにちょっとだけ、

おっさんはキュンキュンしてしまいました。

と同時に、イラッとしたことも付け加えておく。

まぁキモさはさておき、トキメキに年齢は関係ないですね。
最近のトキメキは動悸くらいでしたから。


スクリーン張り替えもできる、不整脈持ちな店主が運営する資材専門店
Queue
https://specialqueue.stores.jp
印刷だけしたい方は
https://minne.com/@diy-print

posted by 柴 at 20:23| Comment(0) | 製版

2021年05月11日

ネイル用UVライト露光

動画の件で、太陽露光の適正露光時間を確認しています。

なんかね、時刻によって「あれ?」って結果になるので、太陽露光は
本当に難しいなぁと。1時間ズレただけで露光時間もかなり変わるので、
これなら大丈夫って言い切れる数値が示せない。

IMG_7007.JPG

過露光(露光しすぎ)で作るのであれば何でもいいんですよ。
ただ、ちょっと細かい絵柄を出そうと思ったら、そこそこ露光時間は
管理する必要があるわけで。

なんとかある程度安定した露光時間にならんかなぁ?ってかんじで
考えてすぐ気づいた。

そういや、ネイル用のUVライト露光を試してないな、と。

もともと、このUVライトは3Dプリンターの硬化促進用として購入した
ものだけど、価格も安い。(3000円前後)
紫外線を出すから露光は出来るはずだし、機械だから天候に左右されない。
一度やってみる価値ある。

IMG_7010.JPG

そんなわけで、紫外線投射部の横に黒紙を貼る。
これは横からの紫外線を遮蔽するもの。上からだけ照射したい。
横から光が入るとエッジ不良とか焼き細りが発生する可能性があるので。

さっそく、適正露光時間を確認したけど、約「5分前後」で露光できました。
理論的に可能とはいえ、露光時間も早いし露光に問題も発生しなかった
ことに驚いた。太陽光より、これのほうがいいんじゃないかと。

IMG_7014.JPG

今度はハードルをぐっと上げて、50線の網点フイルムで露光してみます。
ベタ柄なら太陽光でもできるしね。
これがうまくいけば、安い投資でそこそこの版が作れることになる。
さて、どこまで出来るか?ちょっと楽しみ。


スクリーン張り替えもできる、ワクワク好きな店主が運営する資材専門店
Queue
https://specialqueue.stores.jp
印刷だけしたい方は
https://minne.com/@diy-print
posted by 柴 at 20:08| Comment(0) | 製版

2021年05月09日

太陽が出ないことには

え?もう9日なの?

このへんは田植えがピークってかんじで、夜にはカエルの大合唱な
時期になってきました。GW中はほんとにいろんなことをしてきましたが
明日からは平常運転に戻ります。

この期間中に太陽露光の動画を撮ろうとしていましたが、午前は晴れ間が
出るものの肝心な午後は曇りの天候で、撮れません。この際だから
各種条件の太陽露光データをとりなおしたい。天候に左右されるのは
仕事とはいえ、ちょっとムカつきますね。


この連休で改めて感じたこと。

ほんとに1日は短い。

何度も言ってるけど、なんでこう1日って早いのかなぁ。
早起き得意で、この時期なら5時過ぎには起きます。てか、明るくなると
起きます。できる人って、

早寝早起きらしいですよ。(笑)

大手会社の社長には、22時くらいに寝て5時くらいに起きる人が多い
のだそう。自分はもともと朝型人間なので意識したことはないけど、
真似してみるのはいいことだと思う。もし今に満足してないなら、
こんな習慣も取り入れてみるのもいいかもしれません。


ちなみに言えば、田舎の朝はたいがい早いです。
都会に住んでる人に言わせると、朝の早さとカエルの鳴き声で
落ち着かないんだそう。


スクリーン張り替えもできる、カエルの鳴き声とか全く眼中ない資材専門店
Queue
https://specialqueue.stores.jp
印刷だけしたい方は
https://minne.com/@diy-print


posted by 柴 at 19:25| Comment(0) | その他

2021年05月07日

6本目の動画をアップしました

6本目にして既に息切れしてきました。



https://www.youtube.com/watch?v=wp9DnPgtmzE

DIYのトキメキポイントでもあるので、頑張って1曲分の尺に。
長いかなーとか適当に編集してたら、結果的に尺がたりなくなり
これでもカットしたほうです。まぁね、視聴回数からしたら
「作るだけ時間の無駄じゃね?」とか言われそうですが、

一度作っとけば放っておけばいいし。

人が集まるところであれば、そのうちカウントも上がるんじゃね?作戦。
そういや起業セミナーで講師からの質問のうち、

スタートアップに必要なのは「質」ですか「量」ですか?

これ、今だによく覚えてる。
答えは、

「圧倒的に量です」

質なんて後回しでいいから、安くても量をこなしなさいと。
そんなのが頭にあって、動画の腕は後回しでまずは量を作っておこう作戦
であります。たしかにね、複数の動画あればついでに見てもらえたり、
何らかの検索でひっかかりやすくなる可能性もある。

可能性の話しね。

得てして、だいたいの作戦は頓挫するのだけれど。


あ、3Dプリンターで作製してたフックも出来上がりました。

IMG_7002.JPG

1個でも6個でも出来上がる時間は同じなもんで、目一杯いれて。

IMG_7003.JPG

自分で言うのもなんだけど、今までの中で一番うまくデータができたなぁ
と満足しとります。
簾用のフックなんだけど、市販のやつ4本とも同じところから折れるという
ヘタレ具合を発揮したので、それをベースに補強をしています。

今夏をこえて、どんな結果になるのか楽しみです。
posted by 柴 at 21:19| Comment(0) | YouTube動画