2018年07月09日

オリジナルTシャツを自作する(2)

さてさて、続いての2位ですが、

●2位:スクリーン印刷(水性インク使用)

2位にもってくるあたりが、自分の実直さを物語っているかもしれません。(笑)
なんといっても、量産時の生産性が高い・コストが低いというメリットがあります。
数枚ならば割高になりますが、まとまった数を作ろうと思ったらスクリーン印刷が
絶対的に優位になります。

IMG_4708.JPG

スクリーン印刷に挑戦する場合、どこから自分でやるかがキーとなります。

1.紗張り品を購入して乳剤塗布から自分でやる
2.乳剤が塗布してある版(PS版といいます)を買う
3.露光・現像までしてある版を買う

概ね上記の選択肢になると思います。
もちろん、1から順に高くなります。

これらは、ほんとに印刷屋さんによりますね。中には、自社で全部やってしまう
ところもありますが、そこそこ投資が必要です。とくに紗張りに関しては
自分でやろうと思うと大変です。

スクリーン印刷のメリットは、他にもあります。
とにかく印刷用のインクが多岐にわたって用意されているところです。
Tシャツだけでなく「こんなもんも印刷したいなぁ」とか考えるものにも、
ほぼほぼ専用のインクが用意されてたりします。例えば、

IMG_4627.JPG

不織布とか、

IMG_4464.JPG

ビニール袋用とか、その他にもいろいろ専用インクがあります。

Tシャツであれば、水性インクを使用して印刷すれば自然乾燥で定着します。
ただ、水性なので洗濯堅牢性は劣ります。
油性インクであればかなりいいものが出来上がりますが、プレス機が必要です。

これらは弊社からも購入できます。質問などあればお気軽にどうぞ。

出費:
・刷版の入手 枠込みで10000円くらいからでしょうか
・インク 水性であれば1色1000円くらい?
posted by 柴 at 20:45| Comment(0) | アマ印刷

2018年07月08日

オリジナルTシャツを自作する(1)

珍しく、3日続けての投稿です。
このへっぽこホームページコンテンツの中で、なぜか異様にアクセスが多い
ページがあります。

オリジナルTシャツ刷版を太陽光で作る!
http://www.shiba-ts.com/sts/orijinaruTshatsu_shua_ban_zuo_zhi.html

なぜかトップページよりアクセス数があります。
今や「個」の時代なんですかね?
どうにかして自分でオリジナルTシャツを安く作りたい需要があるのかも
しれません。なんやかんやショップに頼むと高いもんです。
たまに「本当に太陽光で作れるんですか?」という質問が来るときもありますが、

もちろん、作れます。

IMG_5130.JPG

これは太陽光で作った、水性インク用の版です。テーブルにいつも置いてます。
開口部が大きい柄であれば普通に作れちゃうんです。
ただ、自然光ゆえ季節・時間の影響を受けるかもしれません。
そんな時は落版して最初から・・まぁ、そんな楽しみ方もアリってことで。


今回はオリジナルTシャツを自作したい方向けに、勝手にランキング!!
やってみたからこそ分かる、できるだけ低予算で作成できそうな方法を紹介。


●1位:カッティングシート印刷(ラバー印刷)

やっぱ、これが一番手っ取り早いですね。
しかも印刷素材(綿・ポリエステル)を選ばないのが面倒くさくなくていいです。

IMG_4965.JPG

カッティングマシンが必要となりますが、今や数万円から買える時代。
パソコンから絵柄を切り出す指示を出すので、失敗がありません。
切り込みが入ったら不要な部分を剥ぎ取る(カス取り)が必要となりますが、
数枚程度ならそれほど手間がかかりません。

あとは、熱プレスをしてくっつけます。

IMG_5128.JPG

この熱プレスもアイロンでおそらく大丈夫だと思います。
ラバーシートによっては3秒でくっつく、なんてのもありますからアイロンで
意外といけるんではないかと。(無責任ながら未確認)
プロ仕様のラバーシートを使えば、洗濯堅牢性も問題なし。
しかも、ほんとに数秒でくっつきます。(アイロンじゃないけど)

これが一番無難なオリジナルTシャツになるかな、と思います。

出費:
・カッティングマシン 3万円くらいから(分かんないけど)
・ラバーシート 1000円くらいから(分かんないけど)
posted by 柴 at 22:43| Comment(0) | アマ印刷

2018年07月07日

扇風機を買い替えました

どうでもいいことなのだけれど。
まずは今まで使っていたものと、新しいやつを並べてみる。

IMG_5122.JPG

左が今まで頑張ってくれた激安扇風機。
約5年稼働したベテランである・・あるが、とにかくボロい。
まぁね、当時は本当に借金まみれで金なかったし。
たまたま2台セットで3980円という激安な代物だったので即購入したもの。

仕事場は、ほったて小屋みたいなもんなので夏場には必須。
とにかく風が出ればOK。
えぇ、たしかに風は出ましたよ。

ただねー、5年前で激安とはいえ、羽根が3枚って・・。
30年くらい前の扇風機でも3枚ありましたよ。
風なんて「強」でもスポット的にそよそよ状態しかでないし。
しかも支える脚が十字タイプなんて、おそらく見かけない。
少なくとも、今まで生きてきた中でこんな固定脚は見たことがない。
我ながらよく使っていたと思います。

1台は、羽根にヒビが入って終了。そんなん想定してなかったわ。
羽根ってヒビが入ると極端に風量が落ちることを学習。ほぼ2枚で送風状態。
かろうじて残ったこの1台は、固定足のビス穴がガバガバになって終了。
そうなると、使用中に普通に倒れることを学習。

なわけで、新しく買い替えました。
羽根も5枚タイプになって、風量も扇風機の安定感も抜群に。
安物買いの銭失いとはこのことです。
posted by 柴 at 21:56| Comment(0) | その他

2018年07月06日

試してみたかった乳剤(SBQ)

最近、犬にかまけてばかりですっかりブログも停滞ぎみ。
いやね、それでもちゃんとやってますよ。・・えぇ、やってますとも・・。

実はブログネタに関して、あまり困ったことはありません。
なにしろ、パソコン通信時代からバチバチとキーボードを打ってたので
自然とネタを集める脳みそになりました。毎日書けと言われれば書けますが、
さすがに時間をとられるのでそうもいきません。
まぁ、ブログで稼いでるわけではないですから。

最近のトピック(自分のだけれど)は、2年ぶりの人間ドック。
今年は補助金がとれました。
昨年は、補助金の受付翌日で定員オーバーという骨折り損な結果だったので、
今年は頑張って当日の朝一番に行きましたよ。そりゃもうすでに混んで
ました。みんな考えることとか行動は同じですね。なにしろ、補助金2万円
争奪戦ですから。

そんなこんなで、結果が3週間かけて到着。

総合的には、「調子悪かったら医者へ行きましょう」レベルなかんじで、
40代前半の頃より数値はよくなりました。不思議です。

おそらく、ストレス。

サラリーマンってなんやかんやと、内から外からのストレスを受けますよね。
意識的にも無意識的にも。
自分の場合は「飲食で鬱憤をはらす」という短絡的な方法をとっていたので、
結果的にいろんな脂がたまるわけです。それがかなりやばかったです。
「要精密検査」って判定ばかりだったし。

とにかく、健康に働けるのは丸儲けです。
自分の体は大切にしましょうね。


ずっと気になっていた乳剤を入手しました。
ネットではけっこう出回ってますね。商品名は伏せますが、使わなくても
半年くらいは持ちます、という乳剤です。ジアゾ系の乳剤は調合してしまうと
1〜2ヶ月で劣化してしまうんですが、SBQ系はライフが長い(半年くらいは大丈夫)
という特徴があります。今回購入したところでは「1年くらいもちます」
と書いてありました。

実は使ったことがない乳剤ですが、おそらくもつんでしょう。・・多分。
ただねー、購入した時点で半年経過したものを送ってきたので、
それはどうかと思うわけですよ。。きっとここからは次回買いません。
正しい評価にならない可能性があります。

一応ね、塗ってみました。

IMG_4924.JPG

乳剤粘度は普段使っているジアゾ系乳剤と変わらないかんじ。
色は塗布時で青系のようです。

SBQ系のもうひとつの特徴は、「露光が早い」ことです。
ここがすごく興味ありました。どれくらい早いのか?
経験上、思った以上に早い(おそらくジアゾの2倍以上早い)感触がある
のですが、あくまで高出力の専用露光機での話しなので自分のところでも
そうなのかは分かりません。

後日、結果報告したいと思います。
posted by 柴 at 16:55| Comment(0) | 製版

2018年06月26日

免疫介在性疾患ブログ移転のお知らせ

なんだかんだ、免疫介在性疾患のブログがたまってきてしまったので、
このカテゴリーの記事をまるっと引っ越しました。
(印刷に関することとはまるで違う内容なので)

もともとこんなに書く予定はなかったんですが、やはり今後も
残しておこうと思いますので、お暇な方は是非に。

https://ameblo.jp/papillon-puppu/

多少、加筆修正していく予定です。
posted by 柴 at 21:55| Comment(0) | その他