2019年07月22日

ウインドエアコンをつけました

そろそろ関東地方の梅雨もあけそうですね。

あまり暑い日も少なかったし、このままさっと夏が過ぎてくれると
嬉しい。でも、ちょっとでも太陽が出ようもんならさすがに
気温が上がりますね。

ブログも更新せずに何をやってたかというと、エアコン増設の準備を
仕事の合間にやってました。

仕事場のエアコンが効きにくいのは何度も言ってきた通りなんだけど、
そりゃもういろいろ対策はしましたよ。でもやっぱ、冷えないものは
冷えないという結果で、そろそろちゃんと考えようかと。

持論の中のひとつを無理やり紹介。

「駄目なものは駄目」

自分が「駄目だろうなぁ」って思うことは頑張っても駄目なことが多い。
たまに成功するときもあるんだけど。
駄目かもなぁ、と思ったら早めに出来る人に頼んだほうが無難。
そのほうが時間もお金も節約できることが多い。性格的になかなか割り切れない
ので、やって駄目で損してることが多いんだけど・・・。


そんなわけで、今年こそ涼を求めますよ!

もう1台ルームエアコンを導入しようか迷ってたんだけど、

「エアコンの選定間違えましたね」

とか業者に思われるんではないかと被害妄想が強くて、一部屋に2台のエアコン
は躊躇してた。もしくはスポットエアコンも考えてはみたんけど、
あれって本体から熱風がでるわけで、結果的に部屋が暑くなってしまう
という本末転倒になりそうな予感。

そんなわけで、折衷案はウインドエアコンしかないということで。

IMG_5888.JPG

取り付けました。

普通にコンセントから電源を供給とも思ったんだけど、あまり負荷をかけたくない。
んじゃなくても排煙ファンを起動すると電圧降下がひどくて、給電側が
耐えられない可能性もある。そんなこんなで、専用の配線を分電盤から引っ張って
コンセントを増設しました。

これで少しでも冷えてくれるといいんだけど。
さすがに一部屋に2台のエアコンを同時稼働させればマシになると思いたい。


どうでもいいけど、こんな多湿な状態でも犬の毛ってさらさらなんだよね。
なんでだろ??

posted by 柴 at 20:38| Comment(0) | その他

2019年07月13日

露光機の修理(吸着不良)

みなさんは疲れたときにどんな方法でリフレッシュしますか?
自分の場合、食べたいものを食う!という何ともストレートな方法で
リフレッシュしますが、とくにニンニク入りの料理を食べにいきます。

定番は、ニンニクがっつりラーメン!!
そこそこ近い店で、ニンニク入りのラーメンを食べるのが元気の素。
すりおろしたニンニクじゃなくて砕いたようなニンニクなので、香りも
強くて元気が出る気がします。

昨日も食べに行ったわけですが、レジに張り紙が。

「夏休みのお知らせ」

まぁ、たまには休みたいよね。

「7月23日〜

うん。

8月31日まで」

休みすぎやろーー!!
見間違いかと思って帰りにも見たが、やっぱり8月31日になってる。
まぁ、たしかに夏休みのお知らせで間違いないが、

子供かっ!!

ってほど長期連休で、萎えました。
でもまぁ、これはこれでアリだと思います。
弊社であれば間違いなく仕事がなくなります。
それ以上に、このニンニクが食えなくなるのが悲しい。


どうも今年に入ってから露光機の調子がいまいち。
露光シーケンスに吸着(ポンプで真空状態にする)があるんだけど、吸着しない
ときがあったりして、そろそろやばいかもなーとか思ってました。
吸着することによって、フイルムと版の密着が上がるわけです

つい先日、ついに吸着しなくなりました。

そりゃもう、スクリーン印刷の肝ですから。いろいろと原因を探っていたわけで
やっと修理が終わりました。

IMG_5851.JPG

良かった、ちゃんと吸着するようになったよ。

結果的には、ガラスとゴムシートの密着不良のようです。
どうもガラスとゴムが接触していない箇所があったらしく、外の空気を
吸い込んで吸着状態にならなかったみたい。
時間はかかったけど、捨てるはめにならなくてよかったです。
一時はもう1台買おうかと悩みました。

そんなわけで、クリファイル用の版を作って印刷。

IMG_5854.JPG

自作できるのって楽しいよね。
posted by 柴 at 20:01| Comment(0) | アマ印刷

2019年07月06日

21日の選挙に行きましょう

梅雨らしいですねーー。
こんなにも晴れる日が少なかったっけ?ってほど太陽を見てない気がする。
つまりは洗濯物がたまる。
個人的には暑いよりはいいんですが。

21日は令和初の選挙がありますね。

おっさんになると政治とか好きになってくるのか、政策とか発言とか
いろいろ楽しくなってきたりします。令和になってなんとなく世の中が
急に動き始めてるなーーとか最近は考えてたりします。

特に外交は激しいですね。
最近では韓国の不買運動とか騒がれてますが、これはまぁ個人の自由ってことで。
日本でも追従してそんなことやる人がいないことを祈ります。

せっかくの選挙権ですから、自分の意思は大切に。
選挙は積極的に行きたいですね。


テスト用の吸着シート、貼り付けました。

IMG_5846.JPG

正直ね、自分で作っておきながら運転するの恥ずかしいなぁ、と・・。
・・とか思っていたけど、1日で慣れてしまった。
気のせいかもしれないけど、停車してると後続車が車間距離をつめて
きてるような感じがする。

妹いわく「花火大会の宣伝かと思った」

・・・否定できん。

どうも今年は出血に縁があるらしく、今日も親指から大出血。
枝をのこぎりで切ってただけなのに。
お告げかもしれないから、車の運転は慎重にしよう。
posted by 柴 at 20:18| Comment(0) | インクジェット印刷

2019年06月28日

老後2000万円問題

今更だけど。

老後までに2000万円くらいためといてよねー問題。
なんていうか、「え?いまさら?」的なかんじなんですが、そんじゃなくても
現状の年金でも生活が困難なんですが。うちの親父の年金額とか見てると
「あーーーー無理」ってすぐ分かるわ。

国が報告書を受け取らないとか、なんかもう茶番にしか見えないわけで
意図の有る無しにかかわらず、具体的な金額を提示してしまったわけです。

まぁね、今後の社会保障費を抑えるためにも、各人に意識してもらうのが目的
なんでしょう。実際いくらくらい用意するべきなのか?具体的に示したあとで、
あとは自分で考えてね、ってわけです。作戦通りかもしれません。
チラ見せ作戦って、けっこう有効なんだなー。

今回の件で、老後のことを考える人が増えるかもしれませんね。

ただ、年金だけは払っておくべきだと個人的には思うのですよ。
金額が減ったり、支給年齢が延びたりは普通にあると思うわけですが、
まったく支給されなくなるということは考えにくい。
つまりは、

死ぬまでお金を貰う権利が得られる!!

もう、この一言に尽きるのですよ。
こんな制度、利用しない手はないでしょう。

個人的な見解だけれども。


会社用の車に印刷物を貼り付けようと、やっとこ始まりました。

IMG_5842.JPG

軽バンの後ろにでも貼ろうと思います。ちょっとインパクト強め。
季節ごとに張り替えようかとも思ってる。
耐久性とかの評価も兼ねてます。

吸着合成紙にUVカットラミネートが施してあります。

吸着なので剥がしたときに糊が残らない。これなら気軽に貼れる。
表面にラミネートがしてあるので汚れも取れるし、色あせも抑えられるし、
見た目の光沢感で印刷物もより綺麗に見えます。

問題は、雨とか洗車機とかにどこまで耐えられるか。
頑張ってくれると嬉しい。

posted by 柴 at 20:59| Comment(0) | インクジェット印刷

2019年06月21日

税金が面倒くさい

ここんとこ忙しい日が続いていて、やっとこ会計資料の整理と発送までが
終わりました。加えて、社会保険の資料なんかも手配しなくてはならず
なかなか思うように進みませんね。

従業員がいなくても、法人格であれば社会保険に入らねばなりません。
かくいう、こんなしょっぼい会社でも加入義務があります。
もうね、ぼっちなんだから国保と年金だけ普通に払うだけでいいのでは
ないかと思うのですよ。社会保険の手続きとか、もう面倒なのです。

会社っておかしなもんで、「お代官様どうか税金をお収めください」って立場。
資料やら提出物やら揃えますので、税金を受け取ってください、みたいな。
そんなん貰う側が税務署で資料でも見て請求書発行しろや!!と。
なんでこっちが計算して資料出して、わざわざ納税の手配せにゃあかんのかと。

7月には、納めている社会保険料が正しいか確認するから、資料揃えて
持ってこい!という案内もきている。そんなん、自分で来いやぁぁぁ。
こっちはそんな暇じゃないんじゃぁぁぁ。はぁはぁ。

と言ってもみんなやってることだしねぇ。


ちょろちょろと進めているステッカー作りですが、なかなか条件が定まりません。
納得できる設定をどうするか、迷いに迷っています。
そんな中、「これ、機械の設置場所も大いに関係するんじゃね?」というところに
いきあたり、専用の台を買いました。

IMG_5840.JPG

なんかかっこよくなりました。(笑)

またしても最初から仕切り直しです。
面倒だけど個人的にはこういうの好きだったりますが、決してMでは
ありません。

posted by 柴 at 21:31| Comment(0) | カッティングプリント