2019年07月06日

21日の選挙に行きましょう

梅雨らしいですねーー。
こんなにも晴れる日が少なかったっけ?ってほど太陽を見てない気がする。
つまりは洗濯物がたまる。
個人的には暑いよりはいいんですが。

21日は令和初の選挙がありますね。

おっさんになると政治とか好きになってくるのか、政策とか発言とか
いろいろ楽しくなってきたりします。令和になってなんとなく世の中が
急に動き始めてるなーーとか最近は考えてたりします。

特に外交は激しいですね。
最近では韓国の不買運動とか騒がれてますが、これはまぁ個人の自由ってことで。
日本でも追従してそんなことやる人がいないことを祈ります。

せっかくの選挙権ですから、自分の意思は大切に。
選挙は積極的に行きたいですね。


テスト用の吸着シート、貼り付けました。

IMG_5846.JPG

正直ね、自分で作っておきながら運転するの恥ずかしいなぁ、と・・。
・・とか思っていたけど、1日で慣れてしまった。
気のせいかもしれないけど、停車してると後続車が車間距離をつめて
きてるような感じがする。

妹いわく「花火大会の宣伝かと思った」

・・・否定できん。

どうも今年は出血に縁があるらしく、今日も親指から大出血。
枝をのこぎりで切ってただけなのに。
お告げかもしれないから、車の運転は慎重にしよう。
posted by 柴 at 20:18| Comment(0) | インクジェット印刷

2019年06月28日

老後2000万円問題

今更だけど。

老後までに2000万円くらいためといてよねー問題。
なんていうか、「え?いまさら?」的なかんじなんですが、そんじゃなくても
現状の年金でも生活が困難なんですが。うちの親父の年金額とか見てると
「あーーーー無理」ってすぐ分かるわ。

国が報告書を受け取らないとか、なんかもう茶番にしか見えないわけで
意図の有る無しにかかわらず、具体的な金額を提示してしまったわけです。

まぁね、今後の社会保障費を抑えるためにも、各人に意識してもらうのが目的
なんでしょう。実際いくらくらい用意するべきなのか?具体的に示したあとで、
あとは自分で考えてね、ってわけです。作戦通りかもしれません。
チラ見せ作戦って、けっこう有効なんだなー。

今回の件で、老後のことを考える人が増えるかもしれませんね。

ただ、年金だけは払っておくべきだと個人的には思うのですよ。
金額が減ったり、支給年齢が延びたりは普通にあると思うわけですが、
まったく支給されなくなるということは考えにくい。
つまりは、

死ぬまでお金を貰う権利が得られる!!

もう、この一言に尽きるのですよ。
こんな制度、利用しない手はないでしょう。

個人的な見解だけれども。


会社用の車に印刷物を貼り付けようと、やっとこ始まりました。

IMG_5842.JPG

軽バンの後ろにでも貼ろうと思います。ちょっとインパクト強め。
季節ごとに張り替えようかとも思ってる。
耐久性とかの評価も兼ねてます。

吸着合成紙にUVカットラミネートが施してあります。

吸着なので剥がしたときに糊が残らない。これなら気軽に貼れる。
表面にラミネートがしてあるので汚れも取れるし、色あせも抑えられるし、
見た目の光沢感で印刷物もより綺麗に見えます。

問題は、雨とか洗車機とかにどこまで耐えられるか。
頑張ってくれると嬉しい。

posted by 柴 at 20:59| Comment(0) | インクジェット印刷

2019年04月26日

連休を迎えて、働くことを考えてみる

連休だから考えたわけでもないんだけど。

明日から10連休という、なんだか分かんない休みになりますね。
前にも書いたけど、月給制ならわーい、なんだけど、日給月給だと
嬉しいような悲しいような気分ですよね。

少し前のニュースで、「経団連会長“終身雇用を続けるのは難しい”」発言記事。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190419-00000276-nnn-bus_all

なんでこんなキャスターの顔している場面をスタートに持ってきてしまったのか
まずはそこを突っ込みたい。
そして、「あー、ついに言っちゃったかー」とか思ってた。

まぁ、以前より終身雇用の時代は終わった的な話題はあったけど、経団連会長が
考えてるってことは、ほぼそういう流れになりますよ、ってことだし。
げんに、大手でも45歳以上のリストラ(早期退職募集)もはじまってるみたいだし、
これからどうなっていくんだろうなぁ?とか悠長じゃなくて、もう始まってる
ことに危機感を感じました。いまさら。

かくいう自分は脱サラしてしまっているわけですが、毎日が危機感。
なんか間違えば、借金生活確定。
そりゃもう、おっかない毎日を過ごしているのが本音です。
胃だって悪くなりますわ。

ただ、リストラというどうしようもない処遇と違って、まだこれからどうするか
考える余地があるとも言えます。自営業は自己責任ですから。会社員だったら、
会社から放り出された後でどうしたらいいか、いきなりは難しいです。

とにかく体はちゃんとケアすること。これは絶対必須。
先を考えて、体調だけは悪くならないように気をつけたいですね。


まぁ、そんなこんなで新たなインクジェットメディア評価はじめました。

IMG_5733.JPG

芝生に座り込む、うちの看板娘。耐水メディアの評価中。
ここにきて雨が降る機会が増えてきたので、かわいそうながらも外に置いています。
インクが流れちゃったり、やぶけちゃったり、ふやけたりしないか確認を
しておこうかと。

ほんと、いろんなメディアが発売されてますが予算と相談です。




posted by 柴 at 20:19| Comment(0) | インクジェット印刷

2019年03月26日

過去最高の指ざっくり

過去に、ここまでざっくり指切ったことはない。

ちょっとカッター使って日曜日のお父さん仕事(お父さんではない)を
してたら、ずるっと滑って左手の親指に・・。一応、軍手はしてたんだけど
きれいに切断。さらに親指先の腹を一刀両断してました。

この後はまぁ、典型的な展開。

医者に行くのも面倒だけど、数時間たってもいっこうに血が止まらないので
休日対応病院に電話して、診てもらいました。

IMG_5601.JPG

「えぐれちゃってますねー」
「こりゃ時間かかりますよー」

倒産危機じゃん!!

こんなときサラリーマン時代だったら、「切っちゃった、てへ」くらいで
いけたんだがなぁ。困ったなぁ・・。
どっかにポーションとか、ヒール使える人とかおらんかな。


先日作った、インターホン押してください、プリント。
表面にコールドラミネート処理して、以前のものと差し替えました。

IMG_5600.JPG

自分で言うのもなんだが、表面処理するだけですごく綺麗にみえるし、
ちょっと高価なシール感がすごい。
このラミネートってやつは結構使えるかもしれん。
posted by 柴 at 06:27| Comment(0) | インクジェット印刷

2019年03月19日

スネの筋がつる件について

なんだかもぅ、どうでもいいタイトルなんですが。
日曜日の晩に、スネの筋がつるという。

おそらく、足がつるといったら一般的にはふくらはぎですよね。
自分も8割がた、ふくらはぎがつります。
すでに慣れっこになってて、寝たまま、つってないほうの足で筋を
伸ばすスキルを獲得しております。へたすると、つったほうの足でも
無理やり伸ばすことが可能です。

これ、40歳過ぎてからスキルアップしました。

残り2割はスネ側です。
スネなんてつるの?と思われる方もいるかもしれませんが、つります。
場所的には、スネ骨のすぐ外側の筋です。

これ、どのくらいの人がつるんだろう??
おそらく稀なのでは?とか思います。つったことがある方がいれば
一緒に飲みに行きたいぐらいのレベル。

そして、想像以上にこれが痛い!!
ふくらはぎの痛みの3倍くらい痛い。そんなに痛いの?って思われるかも
しれませんが、尿道結石に匹敵するくらい痛いです。

今回も「あ、やばい」と夜中に思ったときには遅すぎました。
じわりと痛み始めるスネ。どうにも防げない自分。
痛みに悶絶して飛び起き、夢中でスネをマッサージ。そんなもんで治る
もんではないのだけれど。

5分くらい後、心配したのか起きてくる、ぷっ子。
そして何事もないようにトイレに向かい用を足す。
戻ってきて、これまた何事もなかったかのように横になる。

ぷっ子ぉ、スーパードライ。

おっさんのこの光景はすでに慣れてしまっているらしい。
ある日突然そんな場所がつるようになるかもしれないので、これから中年を
迎える方は情報を収集しておきましょう。


ちょっとずつミーティング部屋を模様替えしているのですが、サンプルも
なるべく飾ろうと、合間にプリントしています。

IMG_5597.JPG

これは、ドアの外用。
6年もたつと案内文字も色あせてしまって、取り替える必要がある。
今回は顔料インクだし、表面に紫外線カット処理して貼り付けてみるつもり
なので、どれだけ耐えるか楽しみです。

そして、普通紙の長尺印刷も印字する。

IMG_5598.JPG

よく、A4などの紙に分割印刷しテープで連結・貼り付けてるお店があるけど
たしかにコストは激安だけど、手間的にどうなのかな?と。
作ったことはないけど、けっこう面倒だと思うのだけれど??

とりあえず、サンプルがないとアピールもできないので。
まだまだ作りたいものが沢山ある。
posted by 柴 at 21:49| Comment(0) | インクジェット印刷