2017年10月21日

テスト印刷用版をつくる

ほぼほぼ雨が続いてます。台風も月曜には来そうとか。
なんか、梅雨よりよっぽど降ってるかんじだし、ぷっ子はお散歩に
出られないし、鬱陶しくてストレスたまりますね。

Twitterで、「博麗神社歌まつり」の情報をいまさらながら入手して、
ダメ元で調べたらチケット買えました!!嬉しい!!
いつも仕事中は東方ミュージックを垂れ流しているので、一度は行って
みたいイベントでもあり、雨でもテンション上がりまくり!!

2日開催のうち、2日目しかいけないけど楽しんできます。

IMG_4594.JPG

せっかくなので、なんとなくライブに合いそうな服を着ていきたいなぁ、とか。
これがまたいいことに、全てフリーの著作権放棄イラストを見つけたので、
早速ダウンロード。とりあえずはTシャツにして着ていこうかと思ってます。

IMG_4592.JPG

さて、どんな出来になるか。
まぁ、とにかく気分の問題だし、イラストもフリーにしておくにはもったいない
出来なので存分に使わせていただきます。


並行して、ただいま印刷テスト用の版を作製中。

IMG_4595.JPG

今回は黒色のエプロンに印刷してみる予定。
今後ちょっと営業作戦を本格的に考えて(いまごろ)みようと思っているので、
いろいろ思案中。とにかくやってみないと結果も分からない。

なんか色々忙しいけど、楽しいかも。
posted by 柴 at 22:17| Comment(0) | 製版

2017年08月14日

夏休みですか...

夏休みって・・おいしいのん?
まぁ、大人にとってはとても欲しい夏休みだけど、いざ1ヶ月も休みがあると
きっと何をしたらいいか分かんない。が、金があれば問題ない。

なんか頭が固くなってるな。

今回は少し休みがとれると思ってたけど、法事が続けて2件入ってしまったので、
すっかりいつも通りのスケジュール。差引無しってことで・・。
どうも、神様はそんなに楽をさせるつもりはないらしい。

別に必要はなかったのだけれど、1色用の印刷機を買ってみました。

IMG_4531.JPG

組み立てはいつになるか分からんけど、もうひとつ適当な印刷台が欲しかった
のと、販売できそうなレベルにあるかどうか知りたかったのと。
あいかわらず適当な梱包で到着したわけだが、使えれば問題なし。

ついで、Tシャツを作ろうかと何となく思い立って

IMG_4533.JPG

製版しちゃいました。
我ながら「爆走」とかぴったりだな、と。(笑)
いろんな目的があったから作ったもんだけど、個人的に着るものがなくなって
きたので、ってのもある。版も余ってたし夏休みだし、いいでしょう。

そんなわけで、今日もやりたいことやってます。
posted by 柴 at 19:55| Comment(0) | 製版

2017年08月05日

スクリーン印刷版のインクが出ないトラブル

今日はそこら中で「花火」がドッカンドッカンいってますが。

この音ですら、うちのぷっ子はビビりまくなのですが、今年は平気そう?
しかし夏本番なかんじしますねー。
浴衣見たさに、繰り出したい!!

あ、amiも浴衣でしたね。


さて今回はひさしぶりに、スクリーン印刷の話しとか。

ビニール袋作製にあたっての製版で、初の製版大失敗経験をしました。
見た目には全く問題なく製版できたけど、印刷してみたら全くインクが出ない
というトラブル。

IMG_4512.JPG

一見すると、普通に出来ている刷版。
なんら不具合を感じない。

一般的に考えて、インクが出ないほどの製版トラブルには下記の問題が考えられます。

・乳剤の劣化
・コーティング版(PS版)の劣化
・過露光
・露光中の紫外線透過

これは拡大鏡でみないと分からないのですが、今回は「紫外線の透過」が原因だった
ようです。

通常、フイルムに黒インクがのっている部分は光が透過せず、結果的に現像すると
その部分の乳剤が溶けてくれます。ところが、稀にうっすらと光が透過していた場合、
軽い感光現象が見られます。これをカブりと呼んでいます。

光量が微妙なため、透過してもほとんどの乳剤は溶けてくれますが、うっすら感光した
乳剤が残っているわけです。そんなわけで、ほんの数ミクロン感光されてただけでも
インクが出ない原因になります。

IMG_4514.JPG

左側が今回のトラブル版で使用したフイルム。
右が正常品です。

まぁ、見ての通りフイルムの黒濃度が違うわけで。
左側の薄いような黒は、紫外線を通してしまったわけです。

ホームページでも記載していますが、黒濃度が出ないフイルム素材やプリンターは
このような結果になりドツボにはまるのでオススメできません。
拡大鏡(100倍程度)がないと、メッシュ内の状態も確認できません。
10倍くらいの倍率では見えないのです。


失敗の原因は・・・プリンターの設定が初期化されてたこと。
おそらくは勝手にWindowsがアップデートしたようで、何故かプリンターの
設定は全部初期化されてました。

ありがたい機能ではあるのだけれど・・。
posted by 柴 at 21:07| Comment(0) | 製版

2017年07月24日

ビニール袋のモニターを募集する予定です

展示会も終わって、なんかちょっと気が抜けてしまいました。

が、

今回の展示会が終わって、ちょっとやってみたいこと思いつきました。
まぁ、表題の通り、ビニール袋の作製とかやってみたらどうかと。

袋.png

正直、ポスターとかの展示用印刷って競合が多すぎるし、小さいものであれば
家庭用のプリンターでできちゃうわけで。これ、あんまりビジネスとしては
適してない気もしてたし、そもそもうちはスクリーン印刷の会社なわけで、
自社だからできるサービスをずっと考えてた。

なーんて難しく考えたけど、簡単に考えるとビニール袋とかいいじゃん、とか。

いつも展示会で普通に配ってるビニール袋は、うちのオリジナル品。
これね、けっこうみんなもらってくれる。
おそらく、渡す人のほぼほぼ全員がもらってくれて、喜んでくれる。
展示会って、けっこういろんなものを貰ったりするけど、そのまま渡されたものを
持ち歩っている人って意外と多いんだよね。

なんだ、意外と身近で役立つものが作れんじゃん。

ちょっと調べてみたかんじ、オリジナルのビニール袋印刷って高い。
枚数が多くなれば安くなるけど、1000枚とか作って数万円とか払いたくない。
枚数少ないと、極端に高い。1枚150円とかすでに袋の値段じゃない。
まぁ、たしかに材料費を枚数で割ればそのくらいの値段になっちゃうんだけど・・。

刷版を作れる自分にとっては何てこと無いことで気づかなかったけど、
少ない枚数でも安く提供できれば喜んでくれる人がいるかもしれない。
そんな単純な発想で、格安で提供するかわりにモニターになっていただける方を
募集する予定です。

cot.png

ちゃんと準備は進めてますよ。

袋のいいところは、自然に宣伝・販促につがなるところでしょうか。
なにげにかなり強いツールだと思います。
袋の中に宣伝物を入れて渡してもよし、頒布物を入れるもよし。
なにより、一般参加者と触れ合う機会が「自然に」できますよね。

とりあえず暑いけど頑張ります!
コミケ前に提供できればいいんだけど、間に合うかなぁ。


posted by 柴 at 20:21| Comment(0) | 製版

2017年05月04日

治具的にも使えます

GWも後半戦みたいですね。
まわりの田んぼも始まっていて、夜は蛙の大合唱なわけで、いよいよ夏が
くるなーー、ってかんじです。

先日、iPodTouchを買い替えました。
以前のものがバッテリー持ちが悪くなり、いよいよ3分くらいで充電切れと
なってしまうので、しょうがなく・・。
しかしまぁ、ここまでバッテリーがヘタると思ってなかった。今の機械は
ほんとに消耗品だと思う。修理するより、買い換えろ戦略ですね。


文字とか絵柄なんかに多用されるスクリーン印刷ですが、ベタ塗布が必要な
ものにも使われています。ペーストとかボンドとか前処理薬剤塗布など、
治具的塗布にも使われます。

今回、ベタ塗布が必要となったので、それ用の版をざっくり作りました。
まずは、塗りたい範囲にマスキングして、

IMG_4397.JPG

ベタとして出したくない箇所を乳剤塗布して、

IMG_4399.JPG

そのまんま、乾燥兼露光。

IMG_4401.JPG

ベタなんで、乾燥しながら露光するという力技。
でも、こんなんでいいんです。

んで、四角状の塗布版が出来上がり。

IMG_1220.JPG

こういう使い方もできますね。
posted by 柴 at 20:33| Comment(0) | 製版