2021年05月28日

今後の10年について考えてみよう

昨日たまたま見たニュースで、こんな記事がありました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4b784bbe5374d5ecac99f10115777137bc141dda

正社員不足感が若干増えてきていることと、適正と答える企業が増えて
きていることから、ほぼ雇用調整は一段落してるのかなぁと感じます。
まぁ、こんなんアテにならないし、どこまで本気で信じればいいのか
疑うばかりですが。正直、

優秀な人なら正社員で欲しい。

が正解だと思います。正社員としてとってもらえるかも!!の考えは
今やなかなか難しいかもしれませんね。


こんな記事を読みながら、10年後はどうなってるのか考えてました。

最近思ってるのは、とにかく時代の流れが早くなってること。
例えば「スマホ」。これ、たかだか10年前くらいから普及したものです。
今やスマホ無しでは不便と感じることが多いでしょう。実際、スマホがあれば
ほぼ生活できますからね。そして生活様式も一変したと思いませんか?
最近テレビ見てますか?

おそらくは10年後も今と同じ生活をしているとは考えにくいです。
デジタル化が加速度的に進んで、取り残された人が損をするような時代に
突入するはずですし、現になってきています。今後、機械に職を奪われる
ことは間違いないでしょう。しかも、それほど遠くない未来に。

アップルカーとか、コンビニの無人化とか、ドローン配送とか。

夢みたいな技術がITやAIといった技術で急激に進行します。
そうなると人はどんどんいらなくなる。誰でも出来るような仕事が
なくなり、勝ち組と負け組の格差はますます広がるかもしれません。

試算では、デジタル化が進むことによって雇用も広がるそうですが・・
・・機械にはできない、人もやりたくない仕事しか残らなくなりそうな
気がしています。


人にしかできないサービスって何でしょうね?
考えると「今、何を選択するか?」が重要な時期だとおっさんは考えます。
事務職で楽したいとか、今後はありえない選択肢になるでしょう。
誰でもできるような仕事に人はいらんのですよ。

そんな意味じゃなくてもイラストレーターとかデザイナー、作詞・作曲家
なんかも楽観視できません。クリエイターであってもAIにとってかわられる
時代が既にきています。例えば、

https://ja.cre8tiveai.com/sc

AIが勝手にイラストを書いてくれるわけですよ。
ライバルはAI、って時期がすぐそこです。

音楽も、アレクサで「Heyミク、なんか歌って」で、勝手にオリジナルの
歌を作って歌ってくれるわけです。これからの生活・仕事は、今にもまして
急激に変化していくかもしれませんね。


デジタル化が進む中で、できないこと

IMG_7046.JPG

仕事部屋の汚なさ!!
これをきれいに整理整頓してくれるまでには、なかなかに時間がかかる
と思うのですよ。(笑)
ルンバが床を掃除してくれても、ごちゃごちゃした機材を整理してくれる
機能はないよねぇ。実際はそんな機械が欲しいのだけれど、こればっかりは
自分でなんとかするしか、しばらくはないのではと。

とにかく整理下手。もう、誰かなんとかしてほしい。


スクリーン張り替えもできる、片付け下手な店主が運営する資材専門店
Queue
https://specialqueue.stores.jp
印刷だけしたい方は
https://minne.com/@diy-print





posted by 柴 at 20:26| Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: