2020年12月27日

乳剤の塗り方(1)

珍しく真面目なブログが続きます。

まぁね、noteを使って書こうと思ったんだけど今でさえ不定期更新なのに
さらに仕事を増やすのもどうかと思いまして。
なんやかんや、現状での記事数も480を超えました。
いったい480記事も何書いたんだっけ?ってかんじですが、ここまで増えてるのに
新たに書くのも二度手間ってことで、こちらに書いていくつもりです。

てか、そのためのブログなんですが!


3ヶ月前くらいからサンダルを変えてます。
接骨院でも言われたけど、土踏まずが上がっている靴を履いてくださいと。
部屋でも頑張るために土踏まず重視の室内サンダルです。

いつものAmazonで、「健康スリッパ からだにい岩」

91sX9zeqVML._AC_SS350_.jpg

たまにテレビなんかで、石が敷き詰められたルートを裸足で歩くものが
ありますが、健康ならば痛くないはず。これは、土踏まずが極端にせり上がって
いて(写真ではわかりませんが)体に効きそう。

んで、早速一歩を踏み出してみる。


にゃんぱすっ!!


い、いたい・・。
いやいや、こんなん履いて歩けないでしょうってくらい痛い。歩くというか
足をひきずって歩行するみたいな。これ、気持ちいい人なんているのん?
ちょっとMっ気あんのんなー、とかわめているうちに、

慣れました。

毎日ちょっとずつ履いてると、次第に慣れてくるもんですね。
今ではそこそこ気持ちよく感じてます。
最近刺激が足りてない人にオススメ。

-------------------------

今回から乳剤の塗り方を少しずつ書いていこうと思います。

バケットの持ち方は次回として、今回は乳剤の入れ方。
乳剤なんて適当に入れればいいんじゃね?ってかんじですが、まぁそうです。
こだわって入れるのであれば、

バケット中央一箇所からじわじわ入れる。

ちょっとしたコツです。

00006_Capture_1.jpg

普通に考えれば「左右に乳剤ふりながら入れる」のが良さそうです。
たしかに早く乳剤を入れたいならそれで構いません。
何故に中央からじわじわ入れるかというと、

空気を封入しないためです。

中央から入れると、じわじわと外側に広がりながら乳剤が入ります。
なので空気を押し出しながら乳剤が充填されるんですね。
左右にふりながら入れると、1回目2回目と往復して充填することになるので
回数のあいだに空気の層ができてしまうことがあります。これが時間とともに
気泡となって表面に上がってきてしまいます。

バケットにある乳剤は、一番上層(表面)からスクリーンに塗布されますので
泡があると、泡がついた部分の乳剤はほぼ付いていないということになります。
ですので、1工程目はリスク回避のうえでも1回だけ塗布というのはあまり
ありません。乳剤塗布前に確認することは、とにかく気泡です。

ヘラを使って浮き上がった泡を潰したり、小さい気泡は刃先側か、バケットの側面
まで移動させます。刃先側に移動した泡は塗り始めの段階でスクリーンに付いて
しまうので露光パターンにかかることは稀です。
どうせ付着してしまうなら製品に影響の出ない場所につけてしまうんですね。
また、泡を側面に移動させるのも同様です。バケットの側面部分に露光パターンが
あることも稀です。

まぁ、それほどこだわらなくてもいいとは思いますが、いいモノってこんな小さな
ことの積み重ねなんですね。
posted by 柴 at 20:26| Comment(0) | 製版
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: