2019年04月24日

乳剤の廃棄方法

胃腸科に行ってきました。
胃が弱いのは筋金入りだったりしますが、数年ぶりの胃腸科受診です。
たまに不調なこともありますが、長引く場合は行ったほうがいいですよね。

数年前も胃の調子が悪くて、胃カメラ飲みました。
その時はじめてピロリ菌感染を言われて除菌したんですよね。
それ以降は調子良かっただけに、今回の不調はちょっとビビっていたのです。

年齢的にも、癌とか疑ってみたくなるわけですよ。
もしかしたら、胃がんとか食道がんとかだったりして・・とか。
ネットで調べてみたり、自分のがん保険とか証券を引っ張り出して
みたりしましたが結果的には、

「胃炎ですね」

で終わるという。
まぁ重大な病気じゃなくて良かったわけで、この結果を聞いただけで
治ったような気がしました。(笑)

ちなみに、今回初めて鼻から入れる胃カメラってやつを経験。
口から入れるやつより楽ってことで、ちょっと期待してたんですが、

そんなことはありませんでした。

楽とか言ったやつ出てこい!!
人によって感じ方が違うのかもしれませんが、鼻からタイプですら、もう
やりたくないです。次調子悪いときは、麻酔タイプのところに行きます。


今回は、残ってしまっている乳剤の話し。

全部使い切れるヘビーユーザーならまだしも、趣味レベルならば必ず残ります。
そして、この残った乳剤の処分に困って、たまっていくわけですよ。

このまま排水口に・・・ってわけには当然いきません。
おそらく自治体の排水基準ですと、仮に1キロの乳剤を下水に流す場合、かなりの
水で希釈する必要があります。200リッターか300リッターか、それ以上の水で
薄めないと基準値まで落ちません。

多い場合は、産廃業者へ相談しましょう。もしくは販売元で引き受けてくれる場合も
あります。少ない場合は、日光浴という手があります。

IMG_5715.JPG


なるべく広範囲に広げて、日光で硬化させてしまいましょう。

IMG_5716.JPG

こんなかんじで固まっていきます。
ただ、外観は固まっていても中身はレアだったりしますので、たまに
スクランブルエッグよろしくかき混ぜて、ガッチリと固めてしまいます。
その後は、廃プラスチックゴミとして捨ててしまえばいいですね。

ただ、あまり大量にやらないようにしましょう。
匂いとか、意外と気になりますから。

posted by 柴 at 21:34| Comment(0) | 製版
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: