2019年04月03日

安価な製版設備でもけっこういけます

親指カッティングから2週間。
やっと痛みもマシになってきました。まだ包帯は欠かせないけど、包帯ごしなら
そこそこ指が使えるように。親指使えるとこんなにも便利なんだなぁー、とか
あたりまえだったことに感謝する毎日です。

さてさて、ここのところ仕事に一服感がでてきたので、ガッチリとスクリーン印刷
評価をしていました。
前回のSBQ評価でしばらく使わないことに決めたので、従来通りのジアゾ系乳剤
で刷版を作製します。

今回は「アクリル板」に印刷してみます。

そもそも姪っ子の結婚式のお祝いに、似顔絵入りのフォトフレームをプレゼント
しようと叔父さんは思ったわけですよ。オリジナルフォトフレームもガラスが主流(?)
みたいなんですが、落としちゃった時にヒビとか縁起悪い気もするし・・。
だったら安全策で透明アクリル板でやってみようと。

今回の印刷部分が最大幅50mmくらいしかとれず、おのずと文字が小さくなる
ので、細線も出せる仕様で版を作製します。幸いアクリル板自体が平坦なので
製版さえきちんとできれば印刷は問題ないでしょう。

スクリーン:355メッシュ/線径30μ/バイアス23.0°
乳剤:GOH-03
乳剤厚:7μ
露光時間:750秒

電子関連でもないので、この基準でだいたい大丈夫なはず。

うちの製版設備は、はっきり言って「安物」です。プロ用製版なんて、とても
作れません。作れませんが、精密さを求める製版でなければ安価な設備で
そこそこの刷版を作ることができます。

まずは、テスト的に作った出来上がり品。

IMG_5655.JPG

ぷっ子の写真はインクジェットで出力し、その右側に文字を入れました。
光の加減でちょっと見にくいので、後ろに黒紙を置いてみる。

IMG_5644.JPG

ちょっと厳しいかな?ってラインも綺麗に出ました。
やっぱ、普段から使っているジアゾ系の乳剤、うちの露光機とすごく相性がいい。
一発で適正露光できました。

たまにはスクリーン印刷屋として評価写真も載せてみますよ。
どれも拡大鏡で撮影したものです。

まずはフイルム。

film123.BMP

インクジェット出力なので、さすがに細かすぎるラインは再現できません。
エッジ部分がぼやぼやーってかんじですね。
まぁ、ミクロン単位での話しなので肉眼ではまず分かりません。

そして刷版です。
印刷後にインクを拭いてからの撮影になってしまったので、ちょっと白いインクが
残ちゃってますが、ほぼほぼフイルム通りの露光結果になっています。

123.BMP

最後に印刷したアクリル板文字。

print.BMP

白い箇所がインクがのっている文字で、となりにある横棒のならびは
1mm単位幅の定規です。比較すると細線部分は0.15〜0.20mmくらいですかね。
ちゃんと印刷できています。


つまりは、数十万円レベルの低投資の設備でもここまで印刷は可能だということです。
もちろん、高額な設備や材料を使えばこんなもんではいないレベルの製版に
なるわけですが、普通の印刷物で考えれば必要がありません。
そもそも人間の目でミクロン単位の出来栄えを見ることはできないわけですし。


もしこれからスクリーン印刷を本格的に始めたい方がいましたら、気軽に
ご相談くださいね、

posted by 柴 at 22:05| Comment(0) | 製版
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: