2018年10月21日

スクリーンでナイロン印刷

消費税、なんやかんや憶測がなされてますねーー。

個人的な予想では、ほぼ上げる方向で固まっていると思います。
上げる必要がなくても上げるでしょう。
そして、あればあるだけ使ういつものパターンですね。

サラリーマンの時は何も感じなかったことですが、とにかく税金って
何かにつけてとられてるし、払ってる、
とくに「とりやすいところから、こっそりいただく」という、気づかない
ようにとるシステムは関心すらおぼえます。参考になるなぁ。

例えば社会保険。こんなん、勝手に会社で引かれれてるので
どうにもできないし、こんなもんだと思ってたし。
給与取りは嫌でも引かれてしまうので、防ぎようがない。
それは私も同様なんですが。

ただ、給与計算なんかを経験していると中味がなんとなくわかると
いうか、どんだけ働いても裕福になれないシステムだなーとか
考えさせられてしまう。いくら働いても、働いたぶんだけ持っていかれる
流れががっちり組まれてるわけですから。

さらに言えば、基礎控除分しか経費にできないのもどうかと。
保険とか医療とか多少の計上ができるけれど・・。
その他は何に使おうが、全部自腹。
これで裕福なんかなれるわけないよなー。

会社を擁護するわけでもないけど、社会保険なんかは折半してるわけです。
払う方にしてみれば、たまったもんではないわけですよ。
ほぼ、給与の社会保険料分と同じくらい折半して払ってるわけですし、
正社員なんか採用するゆとりは、小・零細企業なんかないですよ。

そんなわけで、もう増税の話しばっかりで、うんざりだと思うわけです。
「働いたら負け」・・ある意味、その通りの世の中なんだよなぁ。
誰か食わせてくれないかぁ。


そんな愚痴と夢ばかり語ってもしょうがないので、地道に仕事するのみ。
えぇ、わかってますとも。働かないと生きていけないし。
ちゃんとやってますよ、えぇ。

ラバーシートぺったんこが失敗したので、スクリーン印刷で挑戦。
ナイロン用の白インクを購入して、さっそく印刷テスト。

IMG_5329.JPG

なんか・・普通に印刷できて、ほっとした。
自然乾燥で硬化するインクなので、このまま放っておけば定着します。

念の為、仮乾燥して二度刷りもしてみたが、おもいっきり印刷ズレを
おこした。どうもナイロンは熱による伸縮が激しいらしい。そう考えると、
ラバーシートで失敗したのも熱の影響が大きく関わっているんだろう。

このへん、あとでちゃんと検証してみよう。
posted by 柴 at 23:03| Comment(0) | アマ印刷
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: