2020年11月29日

コーティングバケットを考えてみよう(1)

まもなく12月。
ここまできちゃうと、今年なんてすぐ終わりのようなもんで。

コロナもかなり増加していますが、都内の感染者が1日1000人超えるくらいの
レベルにならないと思いきった対策とかは出てこないと思っています。
つまりは、個人で対策してねん、ってのが国として正直なところじゃないかと。
感染者と経済を天秤にかけて、多少の感染者増加では動かないでしょう。

増えても減っても、個人ができることなんて限られてます。
マスク・手洗い・消毒・三密避けて暮らしていくしか方法はないのですよ。
国がなんかしてくれるとか考えないほうがいいです。
言いたくないけど、そんなもんです。

さらに言えば、支援してもらえる業種はかなりマシ。
自分ところは町の独自支援すら対象外って言われますからね。
同じように事業所の税金払ってんだけどなー。
まぁ、腐っても仕方ないのでやれることを頑張るしかないんですが。


ちょっと気になってた、アルミ製のコーティングバケットを買ってみました。
乳剤を塗る道具ですが、バケットとかコーターとか呼ばれてますね。
普通に買うと高いので、中華製のアルミバケットです。

IMG_6637.JPG

8インチサイズ、約20cm。いつものAmazon。
注文から約3週間で中国から送られてきましたが、梱包がすごかったです。

いまさらアルミ製バケットってのもなんですが、手軽に入手できるものでも
あるので試してみようかと。ただ、個人的にアルミバケットはあまり使ったことが
ありません。あくまで先入観的なものですが、

1)塗布表面外観がどうもイマイチ
2)軽すぎて塗りもイマイチ
3)メンテナンス性がイマニ

ってかんじがしています。

とりわけ、メンテナンス性にはあまりいい思い出がありません。
ステンレス製のバケットであれば、耐水ペーパーで補修が可能です。
気をつけててもバケットの刃先をヘコませたりすることはあります。

アルミバケットは、この耐水ペーパーでの補修がすごく難しい。
繊細すぎるというか、ちょっとペーパーをかけただけで塗布後の外観が悪くなる
気がします。なので、あまりいいイメージがありません。

※塗布後の外観
乳剤を塗って乾燥させた後、表面を斜めから見て乳剤の表面を観察したもの。
平坦なものほど、つるっとしたかんじに仕上がります。


このアルミバケット、Amazon品はどうなのか試してみようと思ってます。


最後にバケットに関して重要なことを書いておきます。

バケット=乳剤を塗るもの、ってのが一般的です。
たしかに間違ってはいません。自分もバケットで乳剤塗ります。
ただ、バケットは結果的に乳剤が塗れる道具でしかありません。

大事なのは、

バケットは乳剤を掻き取るものである。


ここを勘違いしていると、いつまでも塗りが上手くならんのです。
バケットを傾けた時点で、乳剤はスクリーンに付着しています。この付着した
乳剤を掻き取るこによって、均一で薄膜な乳剤が塗布されます。
つまり、上手に乳剤を塗るためには

いかに均一に掻き取れるか

ということになります。
うまく掻き取るためにはどうすればいいか?を考えないと上達できません。
かくいう自分もかなり悩みました。

次回はその点を書いてみます。







posted by 柴 at 19:38| Comment(0) | 製版

2020年11月21日

Fusion360の勉強を始めました

しっかし、3Dプリンターの値段がダダ下がりだなぁ。
先日買った3Dプリンターは既に2万円を切っていました。
こうなってくると、今やインクジェットプリンター感覚で3Dプリンターが
買えてしまう。ここまで汎用的な価格になるとは思っていませんでした。

もうちょっと技術革新がすすめば、手軽に使えるものが出てくるかも
しれない。家庭に1台の時代がやってくるかもしれない。
使ってみるとそんなかんじがします。

最初の造形物はデータを作ってもらったんだけど、ちょっとしたものを
作るのにまたデータを頼むのもなぁ、と考え始めました。
正直に言えば、

やりとりが面倒くさい

そんだけです。複雑なデータ作成は頼むとして、簡単なものなら自分で
できないかと。まずは設計に必要なソフトを探して、個人ならフリーで
使える「Fusion360」の勉強を始めてみました。

これまたいい時代になったもんで、YouTubeで初心者から始めるハウツー的な
動画がアップされてたりします。本当にありがたい。
自分で本を読んで勉強するのって大変。動画ならエアロバイク漕ぎながら
勉強できて一石二鳥。

CADソフトを覚えるの面倒とか思ってましたが、こういったソフトは嫌いでは
ないのですよ。むしろ、Photoshopみたいな「感性が活きる」ような
ソフトのほうが苦手です。さんざん言ってますが、

感性とかセンスとか求めないでください!!

ってほど美術的なものがダメです。
アプリで言えば、「ペイント」より「ドロー」が好き。
人生を振り返っても、美術で通知表「4」以上もらったことがありません。
えぇ、分かってます。こんな奴は努力するだけ無駄ってことを。
ていうか、今さら努力する必要もないと思うし、自分が得意なところで
勝負すればいいだけの話しで、やりたいことをやればいいんです。

「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である」

エジソンの言うところの名言で、「努力が大事なんだよ」ってところに
使われますが、実際は、

「1%のひらめきがなければ、99%の努力は無駄になる」

って意味らしく、なんか納得してしまう。子供に言いたくはないけど。
センスがないところを頑張っても、やっぱダメなんだよねぇ。
だったら自分の得意なところをのばしたほうが生産的だろう。

YouTubeで見る限り、3Dソフトなら出来そうかもしれない。
こういう、数字とか図形とか感性がいらないカッチリしたものは結構
得意な分野でもある。延べ10日(30分×10日)くらい勉強した後、
初の3Dデータを作ってみました。

名称未設定.png

おそろしく単調ですが、四角いスタンプです。

最近はプリペイドカードで一定額を購入した後、使用しています。
プリペイドチャージすると、ちょっとお得になるんですよね。
ただ会計上、分かりやすいようにプリペイド使用の記入が必要とのことで、
スタンプで済ませてしまおうと。

2時間かけて3Dデータを作成。
慣れてる人なら3分で出来るくらいの単調な造形データ。
スライスソフトで3Dデータをプリンター用に変換し、2つ作って
みました。

IMG_6691.JPG

初のオリジナルスタンプは、そこそこうまくできました。
考えなくちゃいけないことはあるけれど、こういうの好きです。

posted by 柴 at 20:00| Comment(0) | 日記

2020年11月17日

直冷式冷蔵庫を修理する

最近またコロナが騒がれてますね。
ワクチンも開発されつつあるみたいですが、変異もしてるっぽいので
いつ終息することやら。ほんと困りますいろいろ。

2週間くらい前、冷蔵庫壊れました。
乳剤とか保管するのにちっちゃい冷蔵庫が重宝するんですが、今回の
直冷式冷蔵庫は3年で壊れました。直冷式冷蔵庫ってのはビジネスホテル
なんかにあるワンボックスの冷蔵庫。扉を開けると冷凍庫みたいなのが
右上あたりについてるやつです。

これ電気代も比較的安いし、ちょっとしたものを入れておくのには
ちょうどいいサイズ。個人的に部屋にも置いてます。

ただね、定期的に霜取りしなくちゃならんのですよ。
サボって半年ぶりくらいに霜取りしたんですが、その後に冷蔵庫が
動かなくなりました。霜取り直後は動いたんだけど、いつのまにか
全く冷えなくなってた。ズボラな自分が悪いのだけれど。

故障調査とかしてる時間ないし、とにかく冷蔵庫が必要なので家電屋で
適当なものを購入。そして、おそらく故障箇所であろう部分をその後に
分解してみる。

IMG_6680.JPG

直冷式冷蔵庫なんてたいした構造になってないもので、なんらかのスイッチ
の不具合って考えれば、サーモスイッチかコンプレッサースイッチあたり
しか部品がない。霜取りした後に壊れたって考えれば、サーモスタットあたり
変えとけばいいんじゃね?と。テスターで検査したらあやしかったし。

同型のサーモスタットが無かったので、適当なものを購入。
Amazonで3週間待ちで到着しました。

IMG_6690.JPG

型番が違うので端子をミニルーターで削って、壊れたやつと同じくらいの
サイズにする。接続してもとに戻して修理は完了。
その後は順調に動きだしました。やっぱ、このスイッチが壊れてたようです。

まぁ、捨てちゃっても良かったんだけど・・。購入時の価格みたら、10800円の
激安品だし修理する手間のほうが面倒くさい。修理したのは、

たしか?廃棄すると普通の冷蔵庫と同じ処分料がかかるから。

大きさ単位にしてほしい。





posted by 柴 at 20:31| Comment(0) | 日記

2020年11月13日

儲けるために詐欺師も必死

11月中旬にもかかわらず、早くも右足に「しもやけ」できてました。
なんか踵がかゆいなぁ、と思ったわけですよ。虫かなんかに刺されたかな、と
靴下をめくったら、毎年見たことのあるやついました。
今年は寒くなるのかもしれん。


不正受給がじゃんじゃん摘発されていますが、最近の詐欺メールもすごいです。
なんとかして騙したいと必死ですね。コロナがらみで収入が激減し困ってる人も
いるのかもしれませんが、騙して利益を得ようとか考える奴は人間のクズ断定。
とりわけ最近は、「アカウントがロックされました」系が多いこと多いこと。

メール内容も巧妙になってきていて、見分けもつきにくいです。
「Amazon」「楽天」「大手カード会社」
なんかもう、1時間おきくらいにバンバン来てます。
もう、俺のアカウントどんだけロックされてんだよ、と。

送ってるほうもテンパってきてるのか、もう何でもいいやってかんじで
「楽天サポート」の差出人で、メールアドレスが「Amazon」っていう。
ここまで来ると、これもうどう突っ込んだらいいか分かんないのも来る。(笑)

とりわけ悪質なのは、詐欺サイトにもかかわらず「鍵マーク」まで付いてる
ことがあること。だいたいはログイン画面にも関わらず、鍵マークが
ついていない(証明書を取得していない)ことが多いけど、鍵マークが
付いてても安心できないところまで進歩している。騙すほうも必死だ。

不意に来るメールには気をつけましょう。
だいたいは嘘っぱちです。まずは疑うところから。


最近は3Dプリンターがらみを手探りしてるわけですが、プリンターに使う
レジンが思ったより消耗量が早いってことに気づきました。
乳剤のようなわけにはいかないのね。乳剤なんか捨てるほど余るかんね。
そして捨てるほどある、端材の高メッシュスクリーン。
紗張り台のサイズ以下で余ってしまったスクリーンは、どうやっても使いようが
ないのです。(ちっちゃい紗張り台があれば使えますが)

そんなわけで、使用後に回収したレジンも乳剤同様に高メッシュでフィルタリング
してゴミを取り除きます。(使い捨てでは考えられない贅沢濾過)

IMG_6673.JPG

水性じゃないので、使い捨てができるようにペットボトルを適当にカットし、
飲み口にメッシュをゴムで固定します。これがまぁ、レジンが入ってるボトルの
口にぴったりサイズで、いいかんじではまるのですよ。
ぴったりすぎて、

レジンが外に漏れ出してました。

おそらく「毛細管現象」でレジンが上がってきてしまったのだと思います。
スクリーン刷版では、紗張り後にアルミ枠の外にはみでたスクリーンをカット
する際、枠ギリギリでなく枠より内側でカットするなんてこともします。
枠の外までスクリーン出ていると毛細管現象でインクとか溶剤なんかを
接着面に呼び込んでしまうことがあるからです。

正直、なんでそうなるかは理解できません。
簡単そうで難しいというか、小学生でこの実験なんかするのん??


ってことで、レジンの濾過は

IMG_6687.JPG

漏斗に、ガツンと高メッシュをかぶせて濾過することに。
このほうが簡単、そして濾過がやたらに早い!!
刷版屋だからこそできる贅沢な濾過法が確立されました。
posted by 柴 at 20:38| Comment(0) | 光造形3Dプリンター

2020年11月09日

乳剤とレジン

試運転した3Dプリンターですが、その後は使っていません。
レジンの安定性って意味で、そこそこの環境温度が必要みたいで。
最近寒くなってきたので、その区画だけでもある程度の温調をしようと
パネルヒーター待ちです。造形物の洗浄用に超音波洗浄器も買ったので
そのへんの準備だけはバッチリです。

評価に使用したレジン入りのバケット。
レジンを布に染み込ませ固形化してから洗浄しようかと思ったわけです。
せっかくなので、どの程度の感光速度があるのか、ちょっとだけ外に
持ち出してみたんですが、


思った以上に硬化が早かったです。(笑)

いやいや、ほんの十数秒で表面が樹脂になってました。
おそるべしレジン。
そして、素手でレンジも触ってみるという行動もしてみたのですが、

あ、これ油だわ。

ってほど、ぬるぬるでハンドソープごときじゃとれませんでした。
有機溶剤でとれるみたいなので、バケットごと有機溶剤容器に
ぶっこんでから手を拭く必要がありました。素手だと面倒くさく
なることが、よーくわかりました。


そういえば、乳剤の話しをしていなかったので書いておきます。

スクリーン印刷用の乳剤(エマルジョン)ですが、主な組成は

・ポリビニールアルコール
・(ポリ)酢酸ビニル
・アクリル樹脂
・純水

が主な成分になっています。耐溶剤・耐水・解像性・皮膜硬さを考慮して
これらの成分量を調整したり、添加剤なども付加することによって、考えように
よっては無限の種類の乳剤ができあがります。

WebShopなどでは数えるくらいの乳剤しか流通していませんが、業界で
使われる乳剤種類は「かなり」多いです。顧客の印刷仕様に合わせようとすると
これまた独自乳剤が開発されて、さらに増えてきます。
そんなわけで、どれがいいかは「印刷してみないと分からん」ってのが
回答になります。もちろん、イメージ的なものはありますが。

とはいえ、8割以上の版はスタンダードな乳剤で大丈夫です。
残り2割は特殊印刷向けと考えて問題ありません。
まぁ、何をもってスタンダードとするかですね。

ちなみに、私の場合は「いちばん安っすい乳剤」がスタンダード。
そもそも、200メッシュ以下が多いので高精細の乳剤とかはいらない
わけですよ。そして、業界で使用される乳剤は国産品の安いやつでも
必要十分な性能を発揮するので。200メッシュを超えるのであれば、
「そこそこ」いい乳剤にしています。


次に乳剤の感光剤ですが、

・ジアゾポリマー
・SBQポリマー(スチルバゾリウム)

の2種が販売されていますが、乳剤成分としては前述したものとかわりません。
感光基がどちらか、だけの話しです。

ジアゾは乳剤と混合させることによって感光乳剤として使用できるため、
ジアゾを混ぜていない乳剤であれば長期保管が可能。メーカー的には、冷蔵庫で
6ヶ月くらいは大丈夫と言われています。ちなみに言えば、私の冷蔵庫にあった
2年前の乳剤・・調合して使えました。(笑)

ジアゾを混ぜた乳剤(調合済み乳剤)は、ジアゾを入れた瞬間からじわじわ
架橋反応を開始します。冷蔵庫保存で1ヶ月が目安ですが、まぁ、2ヶ月くらいは
いけます。いや、3ヶ月でもけっこう大丈夫だったりしたり。4ヶ月でも
「あ、使えた」なんてこともあったり・なかったり。

SBQは6ヶ月〜1年くらい持つと言われています。
正直、ほとんど使ったことがないので分かりません。出荷の時点で感光性PVAが
含まれているので、自分で調合できるものが販売されているのかも不明です。
3DプリンターのレジンもSBQ硬化のようです。
そう考えると使用頻度によってはSBQがいいと思います

が、

ジアゾもSBQも長所・短所があるので・・。
これまた長くなるので感覚的にかいつまめば、

・ジアゾは初心者でも製版できる
・SBQは初心者でも製版できるが、ちょっとむずかしい

ほんとにざっくり言えば、こんな基準でいいと思います。


書き忘れてしまいましたが、乳剤は印刷するインクで大別してください。
水性インクなら「耐水性」、油性インクなら「耐溶剤性」です。
「耐水・耐溶剤」両用の乳剤もありますが・・「親水性・疎水性」という
相反したものをバランスよく1つに調整するので、どうなのかなぁ?
とも思いますが、まぁ使って問題なければいいと思います。

個人的には、水性インクなら水性用の乳剤一択。場合により硬膜剤付加。
油性なら耐溶剤性の乳剤を使い、水性インクを使う必要が出てきた時に
硬膜剤を塗布して、一時的に耐水性を向上させる。って方法を使うかも
しれません。もっとぶっちゃけて言えば、1つの版で水性・油性印刷する
印刷屋さんはほぼほぼ無いと思います。(分からんけど)

もちろん、個人ならなんでもOKです!!

ちなみに「硬膜剤」は耐水性を向上させる2液性の塗布剤です。
乳剤自体がもともと水溶性のため、露光された耐水性の乳剤であっても
水との親和作用が働きます。つまりは版が壊れやすくなる(パターンが欠け
などを起こす)ので、さらに耐水向上機能を付加するものです。
他にも「カバーコート・オーバーコート」といった、保護剤なんかも
製版物に付加することがあります。そう考えると、奥深い世界ですよね。








posted by 柴 at 12:16| Comment(0) | 製版