2020年07月29日

しっかり背負うということ

まだ梅雨あけませんね。
しかしまぁ、今年の梅雨は長いというか「また雨降ってきたよ」ってかんじで
いいかげんイライラすることも。暑いのは嫌だけど、そろそろ1日中青空の日が
恋しくなってきました。

親父の35日/49日/100日の法事も無事に終わり、ちょっとホッとしてます。
とはいえ、8月は初盆、9月は初彼岸とまだまだ気が抜けません。
そして、人を送り出すということは大変だし、精神的にも肉体的にも
金銭的にもなかなか重たいです。分かってたつもりだけど、この年になって
喪主とかやると改めて大変さが身にしみます。

ここで大切なお知らせがあります。

去る7月3日。愛犬「ぷっぷ」が虹の橋へ旅立ちました・・。

親父が他界して1週間。後を追うように逝きました。
うちのワンコは「免疫介在性好中球減少症・免疫介在性血小板減少症」で
長いこと治療を続けながらいい状態をキープできていたのですが、
昨年末にたまたまCT検査で肝臓に腫瘍がみつかり、ガンの中でも
たちの悪い「肝臓リンパ腫」であることが判明しました。

抗がん剤を受けながら、7ヶ月も頑張ってくれました。

IMG_6560.JPG

8才11ヶ月。9才を迎えることは叶いませんでした・・。

このダブルパンチで、先週くらいまでかなり凹んでました。
鬱とは言わないまでも、それに近いかんじだったかもしれません。
人の顔を見ながら話しをするのが苦痛と感じたのは初めてでした。
話してる最中にもなんとなく悲しくなってきてしまうんですね。

今は精神的にかなり復活しています。

というのも、犬も親父も夢に出てきてくれたからです。

最初に出てきてくれたのはワンコでした。どこかへ転生したと考えたほうが
自然かも?という夢を見せてくれました。心配しなくていいよ、ってことを
伝えにきてくれたのかもしれません。


親父の場合は、まさに月命日に。
旧家(取り壊した家}の奥の部屋で寝ていて(親父が50才前後?の姿)
私となんらかの話しをした後、すっと形が崩れて消えました。
49日法要まで現世に魂があるとか言いますが、法事も終わって
月命日を迎えて無事あの世へ旅立てたのかもしれません。

まぁ、こんな話し夢でしかないんだけど。
ただねー、年とともにあっちの世界に近づくのか、けっこうそういった
なまじ間違ってはいないんではないか?という夢を見るようになってきた
気がします。

少なくともこの2つの夢で、気分的に救われました。
自分が気づかないだけで、見守ってくれてるもんなんだなぁ、とか改めて
感謝したりできますね。


けっこう早い段階でここまで持ち直したのは、もうひとつ理由があります。
これはずっと自分の心に刻んできました。

「大事なものはしっかり背負う」ということ。

正直ね、逃げ出したいことも何度もありました。
誰かに押し付けて、知らんぷりしたいと思うこともありました。
とにかくまともに立ち向かうに、2つの命は重たいのです。

ただね、中途半端に背負うともっと重いのですよ。
重い荷物を片手で適当に持とうなんて無理なのです。
大事なものは、きっちりと背負わないから重いのです。
きっちり背負って一歩ずつ。

要は覚悟の問題ですね。

覚悟してやってきから悔いはないし、結果的にこんな夢に結びついたと
思いたい。自己満足でいいと思うのですよ。



posted by 柴 at 21:32| Comment(0) | その他

2020年07月12日

休業をいただいておりました

たいへんご無沙汰してしまいました。

起業以来、ほぼほぼ休むことなくお仕事させていただいてましたが、
私事の事情で長期の休業をいただきました。
いわゆる不祝儀というやつです。
関係各位様には大変ご迷惑とご心配をおかけしました。

まぁね、いづれはこんな日が来るのは分かってたんですが・・。
いざ身内が亡くなると寂しいもんですね。

享年79才。ちょっと早かったかな。
今までも入退院を繰り返していましたが、様態が急変して延命措置を
するまもなく。10分前までは普通に話しをしていたそうです。
こんなこともあるんですね。


葬儀だ手続きだ、でかなりバタバタしておりましたが少しずつ
落ち着いてきました。明日から100%ではないものの仕事のほうを
復活させていきます。とはいえ1ヶ月くらいは法事とか来客とか
手続きとかあるので集中してやるのは難しそうですが。

とりあえず近況のみ書かせていただきました。

今後ともご愛顧くださいますよう、よろしくお願いいたします。
posted by 柴 at 05:42| Comment(0) | その他