2018年10月07日

アシナガバチとの闘い

これまたどうでもいいことなんですが、本日は地域の草刈り。

年に2回行う行事のようなもんです。道路脇の草を地域の人と草刈り
するんですね。自治というか、自分の住んでるところは自分らで
何とかしましょう、ってのが田舎ならでは。
10月にしてはなかなかの暑さでございました。

そして田舎で繰り広げられる、虫との闘い。
とりわけ、あったかくなると発生するアシナガバチが悩みの種です。

とにかくね、繁殖力が半端ない。
ほんの数日で数倍まで増えるので、早め早めになんとかしたいのです。
つい3日ほど前にもやっつけたばかりなのに、すぐにどっかから
わいてきてる。飛んでいるハチを撃退するのは難しいうえに危険なので、
涼しい時間に巣ごと退治するのが一番効率が良いのです。

しかし、この「巣」がクセモノで、アシナガバチも学習します。

最初の頃は、低い位置に巣を作っていたので駆除は簡単でしたが、
徐々に高い位置へ巣作りするようになり、今では瓦の下側に潜り込む
ようなかんじで巣作りをしています。ハチですら、この学習力。
自分も見習わないといけないと、毎度思うわけですわ。

今回のアシナガバチは、悔しいことに巣をつきとめられません。
明日はハシゴをかけて探しまくるしか・・。

アシナガバチは害虫に分類されない?みたいですが、予期せず刺される
ことがあります。誰かこれ以上の闘いにならないように、うまいこと
駆除できる方法があれば教えてください。


さて前回の版ですが、

IMG_5314.JPG

やっぱ、カブりました・・。
なんとかなるかなぁとか密かに期待をしていましたが、
なんともなりませんでした。

一見するとうまく露光できたかんじに見えますが、いくらスプレー水を
かけても乳剤が流れない。長期間使わなかったことで感光が進んでしまい、
露光しても意味なく時間消費しただけの結果に。

落版するしかないか・・。もったいないし。
posted by 柴 at 22:16| Comment(0) | 製版