2018年10月29日

数秒でくっつくラバーシート

すっかり秋が深まってきたかんじになりました。

今日は、先日書いたセミナーに参加です。
「スーツの基礎」みたいな題目でしたが・・・すっごく良かった。
スーツの選び方からカラーまで。ほんとに役立つ情報が満載で
あっというまの90分。さらには、自分に合う色までレクチャーして
もらって、これで無料は申し訳ないってかんじ。

ちなみに、私の似合う色は春系らしい。
今までダーク系の冬っぽい色ばかり着ていたけど、どうも自分で思って
いたのと、プロのアドバイスは逆のようで・・。
ワンポイントでも春目の色合いを入れるといいらしいです。
これだけで出た価値がありました。

今まで色々なセミナーに参加してきたけど、今日はほんとに有意義。
ちょっと気をつけて服なんぞ選んでみようと思います。
と言っても、服なんてあまり買わないんだけど。


先週はちょっと時間があったので、以前から買ってあったラバーシートを
使ってみました。ちょっと値段が高いので、ここぞ!ってところで使おうと
思ってたやつ。

普通のラバーシートなんだけど、接着時間がたったの数秒。

ポリエステルとかのあまり時間をかけたくない素材なんかに、短時間で
接着できるらしい。それならば、アイロンでもくっつけることが可能では
ないかと。つまりは、ヒートプレス機なんかが使えない物品などに
アイロンで無理くりプレスしちまえば面白いんではないかと。
なんせ、あまりプレス時間を気にする必要ないわけだし。

今回は、これを選んでみました。

IMG_5361.JPG


某サイトで購入した、安物のビジネスバック。ただの黒系生地。
このままだと貧乏くさいので、会社のロゴでもぺったんしてみよう。

カッティングマシンで切り出した後、ざっくりと貼り付ける場所を選ぶ。
んで、アイロンで上から圧着してみる。
アイロンなので熱のかかり具合とか、かかりやすい場所が変動してしまうけど
くっつきにくい場所は再度アイロンをあてる。

いやーー技術の進歩ってすごいね。普通にくっつきました。

IMG_5362.JPG

このラバーシートはナイロン以外ならほぼほぼくっつくみたいなので、
アイロンで印刷物をくっつけたい人にはオススメ。
こちらでカッティングしたものを作ることもできますので、興味がある方は
お知らせくださいねー。あ、今の在庫は白しかないですが。
posted by 柴 at 21:50| Comment(0) | カッティングプリント

2018年10月21日

スクリーンでナイロン印刷

消費税、なんやかんや憶測がなされてますねーー。

個人的な予想では、ほぼ上げる方向で固まっていると思います。
上げる必要がなくても上げるでしょう。
そして、あればあるだけ使ういつものパターンですね。

サラリーマンの時は何も感じなかったことですが、とにかく税金って
何かにつけてとられてるし、払ってる、
とくに「とりやすいところから、こっそりいただく」という、気づかない
ようにとるシステムは関心すらおぼえます。参考になるなぁ。

例えば社会保険。こんなん、勝手に会社で引かれれてるので
どうにもできないし、こんなもんだと思ってたし。
給与取りは嫌でも引かれてしまうので、防ぎようがない。
それは私も同様なんですが。

ただ、給与計算なんかを経験していると中味がなんとなくわかると
いうか、どんだけ働いても裕福になれないシステムだなーとか
考えさせられてしまう。いくら働いても、働いたぶんだけ持っていかれる
流れががっちり組まれてるわけですから。

さらに言えば、基礎控除分しか経費にできないのもどうかと。
保険とか医療とか多少の計上ができるけれど・・。
その他は何に使おうが、全部自腹。
これで裕福なんかなれるわけないよなー。

会社を擁護するわけでもないけど、社会保険なんかは折半してるわけです。
払う方にしてみれば、たまったもんではないわけですよ。
ほぼ、給与の社会保険料分と同じくらい折半して払ってるわけですし、
正社員なんか採用するゆとりは、小・零細企業なんかないですよ。

そんなわけで、もう増税の話しばっかりで、うんざりだと思うわけです。
「働いたら負け」・・ある意味、その通りの世の中なんだよなぁ。
誰か食わせてくれないかぁ。


そんな愚痴と夢ばかり語ってもしょうがないので、地道に仕事するのみ。
えぇ、わかってますとも。働かないと生きていけないし。
ちゃんとやってますよ、えぇ。

ラバーシートぺったんこが失敗したので、スクリーン印刷で挑戦。
ナイロン用の白インクを購入して、さっそく印刷テスト。

IMG_5329.JPG

なんか・・普通に印刷できて、ほっとした。
自然乾燥で硬化するインクなので、このまま放っておけば定着します。

念の為、仮乾燥して二度刷りもしてみたが、おもいっきり印刷ズレを
おこした。どうもナイロンは熱による伸縮が激しいらしい。そう考えると、
ラバーシートで失敗したのも熱の影響が大きく関わっているんだろう。

このへん、あとでちゃんと検証してみよう。
posted by 柴 at 23:03| Comment(0) | アマ印刷

2018年10月17日

商工会が思ったより便利に感じてきた

あーー、太陽みてぇーー。
10日以来、ほとんど日照時間がないそうで。
ここまでどんよりした日が続くと、なんとなく気分がすっきりしない。
おひさまは偉大です。

さて、商工会主催のセミナー案内が届いたので、ひさしぶりに行ってみよう
かと思います。「ビジネススーツの着こなし」的なセミナー。(笑)
そりゃね、いまさら何言っちゃってんの?的な話しなんですが、
恥ずかしながらスーツとか縁がない人生だったもので。

ちゃんと基礎から学んでこようかと思います。

個人事業主から法人まで商工会に入ることができるわけですが、起業して
半年くらいで商工会に入りました。正直ね、入ったあとに「あぁ、調子こいて
しまったな」と。たかだか1500円/月の会費すら負担でしかなかったです。

やはり考え方次第なんですよね。

何かいいことがあるんではないか?って方は、何も恩恵ありません。
これ、私が最初に期待してた勘違いヤローです。
利用していこう、と考えられればなかなかいいです。

無料セミナーとか、各種保険、補助金申請から地元主催イベント出店の
枠確保など、けっこうやってるんですよ。どれもこっちから動けば
魅力的なサービスなんですが、利用しなければ意味ないです。
最近は、セミナー動画なんかも見られるサービスを始めたらしいので
嬉しいですね。

貧乏根性だして、きっちり元はとっていきますよ。(笑)


貧乏根性ついでに、普段着のパーカーを会社仕様にぺったんこ。

IMG_5326.JPG

元々はユニクロの無地パーカー。汚れてもオッケー。
とはいえちょっと寂しいので、空いた時間にラバーシートでぺっと貼り付けて
なんとなく仕事用っぽく。思ったよりいい組み合わせ。

そして、ナイロン用の印刷準備も地道にすすめています。

IMG_5328.JPG

今回、例のSBQ乳剤を本格的に使ってみました。
あのクソ暑い中を冷蔵保管もせず置いといたのに、ちゃんと露光できました。
うーーん、なかなか使えるでないの。正直びっくり。

版の表面が白っぽいのは、パウダーのせいです。
乳剤ライフが長くて助かりますが、思ったよりベタつきが強いですね。
ガッチリとパウダーかけないとフイルムがくっついてやばそう感が
バリバリ。

今週中に印刷テストまでやりたいけど、タイミング次第。


















posted by 柴 at 01:29| Comment(0) | 製版

2018年10月07日

アシナガバチとの闘い

これまたどうでもいいことなんですが、本日は地域の草刈り。

年に2回行う行事のようなもんです。道路脇の草を地域の人と草刈り
するんですね。自治というか、自分の住んでるところは自分らで
何とかしましょう、ってのが田舎ならでは。
10月にしてはなかなかの暑さでございました。

そして田舎で繰り広げられる、虫との闘い。
とりわけ、あったかくなると発生するアシナガバチが悩みの種です。

とにかくね、繁殖力が半端ない。
ほんの数日で数倍まで増えるので、早め早めになんとかしたいのです。
つい3日ほど前にもやっつけたばかりなのに、すぐにどっかから
わいてきてる。飛んでいるハチを撃退するのは難しいうえに危険なので、
涼しい時間に巣ごと退治するのが一番効率が良いのです。

しかし、この「巣」がクセモノで、アシナガバチも学習します。

最初の頃は、低い位置に巣を作っていたので駆除は簡単でしたが、
徐々に高い位置へ巣作りするようになり、今では瓦の下側に潜り込む
ようなかんじで巣作りをしています。ハチですら、この学習力。
自分も見習わないといけないと、毎度思うわけですわ。

今回のアシナガバチは、悔しいことに巣をつきとめられません。
明日はハシゴをかけて探しまくるしか・・。

アシナガバチは害虫に分類されない?みたいですが、予期せず刺される
ことがあります。誰かこれ以上の闘いにならないように、うまいこと
駆除できる方法があれば教えてください。


さて前回の版ですが、

IMG_5314.JPG

やっぱ、カブりました・・。
なんとかなるかなぁとか密かに期待をしていましたが、
なんともなりませんでした。

一見するとうまく露光できたかんじに見えますが、いくらスプレー水を
かけても乳剤が流れない。長期間使わなかったことで感光が進んでしまい、
露光しても意味なく時間消費しただけの結果に。

落版するしかないか・・。もったいないし。
posted by 柴 at 22:16| Comment(0) | 製版

2018年10月03日

ふるーーいPS版を使ってみる

夏場にクソ忙しかった仕事も、今週は落ちつた雰囲気で。
たまりにたまった仕事を黙々とこなす。

お医者さんから始まって、銀行と役所の手続き。そして、草刈りから
垣根の剪定、雨ドイの詰まりまで休日のおっさんなみに仕事をこなす。
最後は書類関係を途中までやって力尽きた。それでも犬の散歩だけは
しっかりこなす。

なんかもう、いいお父さんとしか思えない。
・・が、お父さんではないのが悲しい。

そんなこんなで、ナイロン印刷の続き。

前回、ラバーシートでの印刷でシワになるトラブルになったから、今度は
王道のスクリーンで挑戦してみようかと、
ダメ元で、4か月くらい前に塗布したPS版(乳剤を塗ってある版)でも
使ってみようかと。もったいないし、使えればラッキー。

IMG_5311.JPG

経験で言えば、おそらくダメだろう。
1ヶ月くらいは意外と大丈夫。2ヶ月くらいでも大丈夫な時がある。
が、4ヶ月は・・・自信ないなぁ。
ちなみに使えるかどうかの判断は、てっとり早く水をかけてしまうことです。
同じ時期に塗布したものであれば、他のやつも同様と言えます。
水をかけてきれいに乳剤が流れれば、同時期の版は使えるということですね。

まぁ、テスト的な版でもあるしやってみようかと。

今回、ナイロン用のインクを発注してみました。
どうもラバーシートを使うか・スクリーン印刷でやるかは印刷所次第
みたいで分かれるらしい。そう考えるとラバーシートで不良をバンバン出す
よりは、スクリーンで評価してみたほうが確実だろう。

まずは、この版が使えるのかってところでもあるが。
posted by 柴 at 21:03| Comment(0) | 製版