2018年05月28日

継続していくということ

いきなりですが、自営業という道を選んでから、サラリーマンとは違った
視点で見ることが多くなりました。

例えば、看板。(笑)
お店によって告知の仕方って全然違うんだなーとか、ここのデザインとか
アピールの仕方はうまいなぁ、とか注意してみる機会が増えました。
うちも真似してやってみよう!とかよく思ったりしますが、おかげさまで
現状でいっぱいいっぱいで防戦ばかり。なかなか攻められません。

おそらくはこの状態に甘んじて、このままやっていくのでしょう。
ただ、これではいけないとわかっています。わかっていてもできない。
ここの差が将来的な生き残りに関わるんだと特に最近は思います。

思っていてもできない。それがおそらくは普通。
自分はそうじゃないと思っていても、結果がそれになっちゃってる。
自分を戒めるのは自分じゃ出来ないんだぁ・・と今更考える毎日です。


今回は、反省文です。


なんでこんなことを書きたくなったのかというと、今年5年目を迎えた
某飲食店が閉店していました。
ほぼほぼ3年くらいで結果が見えてしまうことが多い気がしますが
さすがにここは閉店しないと思ってました。

理由は・・・わかりません。
普通に考えれば、継続していくことが困難になった・・それが全てでしょう。

自営になってから、継続して利益を上げていく大変さはよくわかっています。
それこそ、「なに休みなんかとっちゃってんの?」レベルです。
実際、最初から休みを考えてるようでは続かないと思います。
恥ずかしい話、今でも休みはほぼありません。
これはこれで問題なんですが。

自分でやると自由に時間が使えます。
今日何するか決めるのも自由です。
それこそ、何時に寝て何時に起きるかも自由。
サボっても怒られません。自由そのもの。

その結果が廃業にならないよう、ちゃんと前をみてみよう。
posted by 柴 at 20:27| Comment(0) | その他

2018年05月14日

カッティングプリントを導入しました

ひさしぶりに、ちゃんとした(?)印刷の記事でも。

昨年末に導入した、カッティングプリンター。
ローランドの「GS-24」というやつです。
横長で、なかなかでかいです。

IMG_4965.JPG


昨年から今年にかけて設置と使用手順を確認しながら、ちょろちょろと
すすめていました。

カッティングプリントのいいところは、生地をあまり考えなくても印刷する
ことができるというところですね。特にポリエステル生地なんかは
ブリードとかコテ痕とか気を遣うし。

それと、単色印刷が多いと思うので枚数が少ないオリジナルプリントであれば
簡単にさくさくとプリントが完了してしまう。

IMG_4966.JPG

切り出したカッティングシートを熱圧着するだけで完成。
カス取り(プリントしたくない部分をあらかじめ剥がすこと)だけは面倒くさい
けど、そんなに細かくなければたいした手間もかかりません。

IMG_4977.JPG

密着も問題ないし、洗濯堅牢度も大丈夫そう。
版を作らなくていいぶん、少枚数には使えそうです。
posted by 柴 at 06:44| Comment(0) | カッティングプリント