2017年05月27日

犬の薬から思う技術革新

なんかもう、毎日バタバタなかんじで。

仕事はあまり変化ないけど、今年から地区役割の順番がまわってきて
しまったので、なんやかんや忙しい。明日は明日で、町で実施される
防災訓練に出席しなければならず、仕事の前倒しもしなくちゃなんないし
ここんとこ何だか分からなくなってきた。

こんなに地区の役割が忙しいと思ってなかった・・。

合間をぬって、ぷっ子を医者へ。
毎年恒例の、フィラリアとダニ等の駆除用薬をもらいにいく。

IMG_4435.JPG

以前、薬だけもらいに行った時に「犬も連れてきてください♪」とか言われて
しまって、人間同様に薬だけもらうのはオススメできないっぽい。
まぁ、犬の調子を診てもらうのはありがたいことで、それ以降はちゃんと
連れていっている。

最近の技術革新はすさまじく、今年はこの「フィラリア予防・ダニ駆除」薬がひとつに
統合された薬が出ていた。犬の薬とはいえ、ちゃんとこの分野でも新製品の
開発が進んでいることに驚く。

昨年は、「薬形状」→「オヤツ形状」に変化させた技術にびっくりした。
薬が、ビーフっぽい匂いと色に変化していて、見たまんまオヤツ。
だから犬も警戒せずに、薬を食べてくれる。
(犬って思ったより、警戒心が強い)

今年はさらに、フィラリアとダニ駆除をまとめたタイプが発売されていて
それをもらってきた。おのおの投薬する必要がないので、すごくありがたい。
ただ、薬代だけはものすごいのだけれど・・。


ここんとこ、春アニメとラノベでどうにも幸せ。
楽しみがあるから毎日頑張って仕事できる。




posted by 柴 at 19:42| Comment(0) | その他